Share To Facebook
2018-05-11

點閱人次 : 552



2018/05/09
    大亜グループが投資する瓜瓜園は台南を代表する企業の一つです。8日、関廟新工場予定地で建設開始セレモニーが開催されました。大亜グループ・沈尚弘代表取締役会長、沈尚道執行副総経理、安鼎国際工程・陳金保総経理が共同で出席し見届けました。
    瓜瓜園・邱木城代表取締役会長は挨拶で、瓜瓜園は世界初のカーボンフットプリント認証に合格した生産販売班というだけではなく、契約作付面積は1,000ヘクタール以上に達している(台湾全土のサツマイモ栽種面積の1/10以上)と述べました。2010年、それまでの経営モデルを変更し、全家(ファミリーマート)コンビニエンスストアと提携し、「夯番薯」を送り出し、全家(ファミリーマート)は台湾で最大のサツマイモ販売プラットフォームとなり、新たなサツマイモ販売モデルと飲食モデルの創造に成功しました。同時に、瓜瓜園も自己の販売店舗とオンライン店舗を有し、製品は多元化され、農民が苦労して栽培したサツマイモを「全サツマイモ利用」としました。
     関廟新向上エリアは約8,000坪が予定され、農業用地、新工場施設、観光工場が含まれています。落成後、大幅に瓜瓜園の経営規模が拡大し、国際提携を高め、就業機会を増やし、地方観光を促進し、更に農民の収入を保障します。
proimages/news/coverage/2018/2018051101.jpg

写真:瓜瓜園・邱木城代表取締役会長は今後、新工場の落成後、地元の発展を促し、農民の収入を保障し、マルチウィンを創造したい、としています。
瓜瓜園公式サイト:http://www.kky.com.tw/
瓜瓜園FBファンページ:https://www.facebook.com/KKOrchardTaiwan/
瓜瓜園アプリ:
proimages/news/coverage/2018/2018051102.jpg