Share To Facebook
2018-06-06

點閱人次 : 608



2018/06/05
proimages/news/coverage/2018/2018060503.jpg

       大亜ワイヤー・ケーブルは2018年度の株主定期総会で、本日(5日)午前、関廟本社で開催され、取締役改選と同時に決議を通過し、1株当たりの配当金は0.35元となりました。グループ・沈尚弘代表取締役会長は、今後の新事業の発展を考慮して多くの現金を保留することを選択し、今後、経営の更なるピークを創造し、株主のために更なる価値を創造したい、としています。
        2017年、大亜の連結売上高は167.43億元、税引後純利益は4.67億元、獲得利益は2.8%、1株当たりの利益は0.83元となりました。沈尚弘代表取締役会長は、2017年のグループ各事業体の経営状況は2016年より優れており、これは国際的な銅価格が安定的に上昇し、有利な外在条件を創造したことに加え、全社員が一丸となって努力し、谷底を乗り越えた、と話しました。2018年第一四半期の成績は通年の第1四半期よりも優れており、今年の成績を慎重に楽観視しています。

proimages/news/coverage/2018/2018060504.jpg

洪紹晏/撮影
        キャッシュフロー、在庫量、株式配当といった株主からの質問に対して、沈尚弘代表取締役会長自ら回答しました。会社の幹部は財務の安定性を非常に重視しており、銅価格の波動を密接に注意しています。管理費用の増加は主に社員を激発するためのボーナスに用いられ、社員と経営の成果を共有しました。今回の株式配当は素晴らしいものではないものの、定期預金の利率より優れています。会社は多めの現金を留めた理由は、今後の事業発展に対応する多面です。太陽エネルギー事業の発展は良好で、発電所規模も日増しに拡大しており、10MWの発電所を例に挙げると、約5億元が必要で、会社は少なくとも2割の資金を準備する必要があります。オフショア風力発電用海底ケーブル工場投資金額も大きく、不確定要素が多いものの、順調に完成すれば、グループの前途に非常に大きな助けとなります。経営チームは各種方案を慎重に審査しており、株主のために価値の創造が期待されます。
        今回の株主総会では、会社定款修正と取締役選舉が行われました。今回の取締役任期から、大亜は監査役をおかず、全独立取締役で組織された監査委員会が監査役の職責を代替します。元取締役の陳明徳氏は2017年7月に亡くなり解任され、新たに洪嫣紅女士が選出されました。その他の沈尚弘取締役、沈尚邦取締役、沈尚宜取締役、沈尚道取締役、張立秋独立取締役、鄭敦謙独立取締役、韋俊賢独立取締役は皆、連任します。洪嫣紅氏はかつて大亜総管理処総経理で、各事業体の業務と内部管理に精通しており、グループの発展に貢献できます。
ニュースリソース