Share To Facebook
2019-09-27

點閱人次 : 318

2019/09/26


proimages/news/news/2019/2019092601.jpg
        9月25日夕刻、台杉鳥巣が『ベンチャーキャピタルの観点-シリコンバレー「その後」の旅・共有セッション』を開催しました。今回の共有セッションの主な目的は、企業リーダーがシリコンバレー訪問の収穫を交流することにありました。訪問チームの台杉・黄日燦代表取締役会長が司会を務め、大亜創投の沈尚弘代表取締役会長および佳世達・智能方案事業群の李昌鴻総経理を招き、今回、観察した内容や心得を共有しました。台湾企業とシリコンバレーの新たなリンクが国内産業、経済に革新的エネルギーをもたらすことが期待されます。
       セッションにおいて、台杉投資管理顧問公司・取締役の黃日燦弁護士が今回のシリコンバレーツアーから受けた刺激をシェアし、シリコンバレーは夢を成し遂げるという活力が感じられる他に、台湾企業の転換イノベーションにおいて、CVCの投資戦略も素晴らしいモデルであり、シリコンバレーの技術とのドッキングにより、産業アップグレードの機会を促したい、と体験を共有しました。
       沈尚弘代表取締役会長は、各CVC投資戦略には差異があり、カギを握る企業の代表取締役会長がCVCの代表取締役会長を担い、代表取締役会長の最終決定によりリスクの大きな投資案を進めることができる、と提起しました。
       佳世達・智能方案事業群の李昌鴻総経理は、近年、台湾の技術発展はアメリカの足並みに追いついており、かつては球速160で速すぎて球が見えなかったものが、今ではいつバッドを振るべきか、ファールかをすでに判別することができる、と話しました。
       今回のイベントを通じて、台湾企業とシリコンバレーの新たなリンクが国内産業、経済に革新的エネルギーをもたらすことが期待されます。

proimages/news/news/2019/2019092602.jpg

proimages/news/news/2019/2019092603.jpg