Share To Facebook
2019-12-11

點閱人次 : 176

2019/12/04


proimages/news/news/2019/2019121101.jpg
       
       大亜ワイヤー・ケーブルは12月4日、中華電信のサプライヤーパートナー交流会に参加しました。本年度、大亜ワイヤー・ケーブルはゴールドサプライヤーとなり、当日、郭水義総経理は「ゴールド証書」を持続可能なサプライチェーン-二者監査に合格した10社のサプライヤーに授与しました。交流会にはサプライヤーから100名以上の代表者が参加し、持続可能な低炭素サプライチェーンのコンセプト、持続可能な産業エコシステム構築の理念に共鳴しました。
       大亜グループは今年、中華電信のサプライヤー二者監査を受け、経済、社会、環境面で基準を満たし、さらに基準越えを達成しました。
       呉ゼネラルマネージャーは、中華電信からの表彰に対して感謝を述べました。「2013年、中華電信は初めて、CSRに優れたサプライヤーに賞を授与したましたが、大亜もその内の一社でありました。大亜グループのビジョンは、エネルギーチェーンにおけるリーディングブランド、エコフレンドリー、美しい家の推進者であり、社員、顧客、株主、社会から信頼される企業を目指しています。
        今後も大亜はフォースエクセレンスを追求し、相互繁栄と互恵の理念のもと、持続可能な経営に向けて邁進します。

proimages/news/news/2019/2019121102.jpg