Share To Facebook
2017-03-21

點閱人次 : 421



2017/03/21
       大亜グループは3月18日午前、2017社員ファミリーデー活動を開催し、社員・家族と共に港尾溝渓溜池に蝶々が食べる植物を植え、更に渡り鳥のための生態浮島を建設し、共に楽しい土曜日のひと時を過ごしました。
       大亜ワイヤー・ケーブルの美しい家基金会は初めて、台湾湿地保護連盟と提携し、二仁渓支流の港尾溝渓溜池・二仁渓故事館周辺で蝶々が食べる植物を植え、現地の生態の多様性を豊かなものにしました。18日午前9時、大亜、大恒、安鼎国際工程、聚恆テクノロジーの4社の100名近い社員・家族が二仁渓故事館に集合しました。

proimages/news/news/2017/2017032101.jpg

       大亜グループ・沈尚弘台上取締役会長は次のように述べました。「皆でここに集い、環境のために努力し、学習することはとても嬉しいことです。港尾溝渓溜池には多くの空き地があり、皆で樹を植える努力が必要です。植えるのは高木、低木どちらも蝶々が食べたり蜜源となる植物で、近いうちに蝶々が飛ぶ姿を見られることを期待します。」長栄大学・河川保育センター洪慶宜主任は湿地連盟を代表して港尾溝渓溜池が保安地区の洪水問題緩和の作用を説明しました。

       植物がより安定して成長し、生存率を高めるために、高木類のカイノキ、ハマセンダ、ゲッキツや低木類のサルカケミカン、ガガイモ、スイカズラはすべて苗を植える必要があります。湿地連盟ボランティアのガイドの下、培養土壌を混ぜたり、水をあげたり、作業を分けて90株の苗を植えました。

proimages/news/news/2017/2017032102.jpg

proimages/news/news/2017/2017032103.jpg

       休憩後、おやつを楽しみ、グループに分かれて環境教育活動に参加しました。第1組は湿地連盟ボランティアが二仁渓の物語、港尾溝渓溜池の生態環境を説明し、沿線のゴミを拾いました。第2組則は親子で楽しく自然素材をあわせ、子供達は創意を発揮し、植物の種、枝、葉を組み合わせて楽しい図案を作りました。第3組は人工生態浮島をつくり、野鳥のためにより良い居住環境を打ち立てました。生態浮島にはプラスチック管と竹材を縛り、ココナッツ製ロープで固定し、非常に体力を消耗しました。丁度日中である為、皆、汗をかきました。力を合わせて協力し、2時間足らずで6台の生態浮島が完成し、湿地連盟のボランティアから賞賛されました。
       港尾溝渓の源は関廟で、歸仁、仁徳を通り、入二仁渓に入り、大亜と密切な地縁関係があります。大亜ワイヤー・ケーブルの美しい家基金会は今後も湿地連盟と溜池生態環境の保護で提携し、美しい家のために努力します。


    ニュース小辞典
人工浮島(Artificial Floating Islands)は人工方式で構築された浮島で、木の枝、葉、草などを材料に建造し、以下の機能があります:
◎生態機能-鳥類・魚類などの生物の住処を提供します;
◎淨水機能-水中の窒素、リンなどの元素を吸収し、水質を淨化します;
◎生産機能-農作物の生産・水産養殖機能;
◎景観機能-水域環境景観緑化・美化の機能;
◎堤防保護機能-波を消す效果があり、水辺の堤防を保護します。