Share To Facebook
2017-11-08

點閱人次 : 462



2017/11/07

        2014年、大亜グループは大亜グリーンエネルギーテクノロジーで太陽エネルギー発電所に参入し、優れたサイト選出という前提の下、累積装置容量は正式に10MWを突破しています。この他、投資の聚恆科技は現在、台湾初、アジアで2社目のドイツTUVの発電所メンテナンス・管理(O&M)認証取得のEPCメーカーとなりました。運営期間は最低20年の太陽エネルギー発電所に最良の守護を提供しています。

       ワイヤー・ケーブルを本業とする大亜グループは、2014年、大亜グリーンエネルギーテクノロジーを設立し、太陽エネルギー発電所事業に参入しました。優れたサイトを選出し、且つ建設-所有-経営(Build-Own-Operate, BOO)モデル採取の前提の下、5以内に50MW建設容量という目標を立てています。2015年、大亜・関廟本社工場屋根でまず2.89MWが完成しました。

       行政院は低炭素の永続、高安定、高効率で経済的なエネルギーシステムを推奨し、グリーンエネルギー産業の発展により経済成長を推し進め、経済発展の起爆剤となることが期待されています。台糖社は国営企業として、政策の推進に合わせて、グリーンエネルギーを大々的に発展させ、地球環境のために注力しています。 台糖沙崙畜産場は、台南市歸仁区に位置します。大亜グリーンエネルギーは台湾糖業股份有限公司・畜産事業部から豚舎屋根約1万坪を借り受け、太陽光電設備2284.91kWを構築し、すでに2017年9月22日、連名で開始しました。これにより、大亜グリーンエネルギーの累積装置容量は10MWを突破しました。畜舍屋根に光電パネルを設置し、農地を占有せず、効果的に畜舎の温度を下げ、間接的に電力使用の削減と温室効果ガス排出減少を達成しています。

       この他にも、大亜グループが投資し、太陽エネルギー発電所建設工程を請け負う聚恆テクノロジーは現在、台湾初、アジアで2社目のドイツTUVの発電所メンテナンス・管理(O&M)認証取得のEPCメーカーとなっています。世界において唯一、ドイツTUVの太陽エネルギー発電所O&M認証取得サービスとなっており、聚恆は価格競争による悪循環を脱出するために、半年以上の検討・修正を重ね、O&M認証を獲得しました。運営期は最低20年の太陽エネルギー発電所を提供する最良の守護となっており、大亜グループの永続経営を具体的に示しています。

       最近の政府の国民エネルギー屋根政策を鼓舞するために、大亜グループ・沈尚弘代表取締役会長はこのように語っています。「よりゼロ炭素エネルギーを目指し、大亜グリーンエネルギーは完全な発電所経営管理力を有しており、現在、積極的に中大型企業工場屋根を開発し、毎年10MWを努力目標とし、2018年中にオングリッドで25MWを予定しています。」

proimages/news/coverage/2017/2017110701.jpg 写真:畜舍屋根の光電パネルは効果的に畜舍の温度を下げ、貴重な土地資源を占有しない。 。