Share To Facebook
2017-11-28

點閱人次 : 535



2017/11/21
       経済部投資業務処陳秀全副処長は、台湾赴タイ・ベトナム人材募集訪問団を率いて、20日から25日、両国を訪れました。初日、大亜ハイズオン工場を訪問し、大亜ベトナム・徐敬堯副総経理が対応しました。双方は、どのようにベトナムの人材の仕事での来台をひきつけ、新南下政策を深化させるかといった議題で意見を交換しました。
       大亜グループはベトナムに投資し工場を設け、現地で20年以上経営しており、現地指標性の台湾企業です。台湾赴タイ・ベトナム人材募集訪問団は経済部投資業務処陳秀全副処長が引率し、一行は9名で、20日午後、大亜ハイズオン工場を訪問しました。徐副総経理はまず訪問団に大亜グループの経営理念、使命、ビジョンを紹介してから、大亜ベトナム事業群の発展沿革、現況、展望を説明しより詳細を話しました。政府代表は大亜グループの東南アジアでの展開をより理解しました。
       陳副処長は、大亜ベトナムの安定した発展、環境保護議題への重視を肯定しました。また、大亜グループの業界を跨いだグリーンエネルギー産業も深い印象を受けました。中華民国外貿協会・呉柏富分析師、柯珣婷マネージャーは政府の国外人材募集から台湾での就労Contact TAIWANネットプラットフォームについて説明しました。政府の新南下政策は具体的にASEAN、南アジア、ニュージーランド、オーストラリアなどの国を幅広く含み、人材、資金、技術、文化、教育などの相互交流をカバーし、ウィンウィンの新提携モデルを創造します。このプラットフォームを通じて、生産管理・人材交流などの経験を共有し、より多くの国外人材就労をひき付けることが期待されます。
       徐副総経理は次のように回答しました。「政府は企業界の声を聞き、このような人材募集プラットフォームを提供してくれました。これらの情報はベトナム本社や台湾グループ本部の参考となり、政府と共に新南下政策深化に努力します。」
       Contact TAIWAN網站:https://www.contacttaiwan.tw/
proimages/news/news/2017/2017112101.jpg

写真:大亜ベトナム・徐敬堯副総経理(右5)と経済部投資業務処陳秀全副処長(右6)、台湾赴タイ・ベトナム人材募集訪問チームの記念撮影。