Share To Facebook
2017-11-30

點閱人次 : 557



2017/11/27
       台南市初の浮動式太陽光光電システムが大亜グループ傘下の聚恆テクノロジーにより建設され、10月26日、運転開始となりました。全案の材料設備・設計施工は全てMITで、最高品質により台南の陽光都市計画を支持します。
       台南市初の浮動式太陽光光電システムは、永康テクノロジー園区サービスセンター傍の溜池に設置され、聚恆テクノロジーが設計・建造しまいた。半年以内に順調に10月26日、運転開始となり、水面式浮動プラットフォーム設置方式でまず水底にネジを打ち、スチールケーブルで浮動プラットフォームと連結させます。本案の浮動プラットフォームは幅26.7メートル、長さ37.8メートルで、100%回收可能な高密度ポリエチレンチューブ(HDPE)項増を使用し、紫外線に耐え、抗腐蝕性で、台風の襲撃にも耐えられます。その上に344枚の太陽光光電パネルを設置し、総設置容量は101.48kWpで、年間発電量は約12万度と予想されています。
       水面型太陽光光電システムは一般的によく見られる屋根型・地面型光電システムと比較して、多くの長所があります。まず、土地資源を占有しません。次に、水蒸気を利用して太陽光パネルの温度を下げ、モジュールの発電効率を11%上げることができます。第3に、浮動プラットフォームは水蒸気を抑え、者成長を抑制することで池の生態を保護します。
       聚恆テクノロジーは太陽エネルギー発電所のワンストップサービスを提供する専業メーカーです。20年近い経験を累積し、約500以上を設置してきました。総生産量は120MWに達しています。2017年10月にはドイツTUVの運転メンテナンス(O&M)証書を獲得し、台湾初の本項目証書取得企業となり、聚恆テクノロジーの設置・メンテナンス力が国際水準に達していることを示しています。
       台南市政府は積極的に「台南陽光都市計画」を推進しており、水面型太陽光光電設置総容量は33MWに達します。聚恆テクノロジーは大亜グループの資源と結合し、最高の品質で0排出のクリーンエネルギーを提供します。

proimages/news/news/2017/2017112702.jpg