Share To Facebook
2018-07-02

點閱人次 : 678



2018/06/29
       大亜グループ・沈尚弘代表取締役会長は6月29日、台北文創園区で開催の「NOWnews 今日新聞」10周年祝賀ティーパーティーに招待されました。会場には政治経済界の大物が集い、NCC・詹婷怡主任委員、行政院・丁允恭スポークスマン、商総・頼正鎰理事長、丁守中台北市長候補、姚文智、連勝文国民党中央委員など重鎮クラスの政治・経済界の有志が出席し祝賀しました。
       NOWnews・林上紘執行取締役は、NOWnewsは「卓越10年、心から出航する」から出発」し、成為華人で最も影響力のあるメディアとなる」というビジョンと共に、次の10年を戦うと語りました。
       大亜グループが投資する「NOWnews 今日新聞」は台湾初のネットメディアです。現在、台湾・中国に18のプラットフォームネットワークをもち、業界に先駆けてニュースを今日頭條、百度、騰訊、阿里巴巴、一點資訊といった各公開アカウントプラットフォームに放送しました。データにおいて、Alexa台湾ニュースサイトで第2位にランクインされており、700万以上のPV配信、高收入グループのサイト停留時間は他のサイトの10倍以上で、読者の価値は最高となっています。
       「NOWnews 今日新聞」は大亜グループ傘下の創投が投資した会社であり、大亜創投は大亜親会社が所有しています。一般のベンチャーキャピタルと異なる点は、長期的に台湾で活躍する現地企業の投資企業価値を高めたい、としている点です。
       祝賀ティーパーティーにおいて、NOWnewsは10周年大事記録フィルムを放映しました。僅か2分の記録フィルムは、2008年の金融津波から着実に歩み、堅実にポストを押さえ、世界の脈動を把握してきました。過去10年の台湾の重大ニュースを回顧する中で、ゲストも深い印象を受けました。
       未来10年を展望し、NOWnews林上紘執行取締役は、社会に還元し、企業の社会的責任を果たすことがNOWnews の理念であり、今後、公益プラットフォーム計画を始動し、自ら身を起こし、更に多くの企業と機関に影響をもたらしたい、と願っています 。


proimages/news/news/2018/2018062901.JPG