Share To Facebook
2018-07-02

點閱人次 : 579



2018/07/01
       大亜グループ美しい家基金会は1日在台南二仁渓故事館で「緑の垣根を共同で構築 生態共存」活動を開始しました。今回の活動は2部に別れ、第1部は除草、フェンス作り、第2部は天然防蚊液製作で、計83名の大亜グループ社員と家族が集まり、盛大に開催し、現場は熱気で包まれました。
proimages/news/news/2018/2018070201.JPG
       大亜グループが創立した美しい家基金会は昨日(1日)、社員ファミリーデー活動を開催し、テーマは「緑の垣根を共同で構築 生態共存」で、湿地保護連盟と提携し、台南仁徳区の二仁渓故事館で開催されました。活動内容は精彩で、フェンスを作り樹を植える他にも、天然防蚊液を製作し、大亜グループの社員と家族は素晴らしい時間を過ごしました。
       湿地保護連盟のボランティアは、この築は雨が降らないことがあり、一部花は水不足で枯れてしまうため、新たに植えてこそ、今日の活動を達成させることができる、と話しました。今朝は大雨が降り、土地が水分を吸収したため、土が軟らかくなり、今日の除草・植樹活動は相対的に雨が降らずに楽になりました。
proimages/news/news/2018/2018070202.JPG
       活動は3組に分かれ、各組にエリアがあり、除草・ランタナを植えました。湿地保護連盟のボランティアも特別に、種植えの時、植物の生長に影響が出ないよう、土を余り深くかぶせないよう喚起しました。
       第一部では、活動に参加するパートナーが非常に効率がよく、僅か1時間で除草・フェンス作りを終えました。当日、太陽が直射する時間があったものの、効率よく、情熱は高まりました。
proimages/news/news/2018/2018070203.JPG
       第二部では、天然防蚊液の製作において天然のミントを使用し、高純度のアルコールでエキスを抽出しました。両社が混ざり合い1ヶ月置いた後、天然の防蚊液となります。各参加者は現場で製作した防蚊液を持ち帰り、記念品としました。

proimages/news/news/2018/2018070204.JPG

       美しい家基金会は不定期でファミリーデーを開催しています。環境保護に加えて、休日の充電活動により社員は大自然と近づき、家族との関係もより緊密になり、仕事の効率も高まります。