Share To Facebook
2017-06-09

點閱人次 : 335



2017/05/26
        台湾で多くの電子業者が次々に入AR/VR領域のハード開発に参入しています。しかし、大亜創投は、適切な応用領域との提携こそ、市場が新しい製品を受け入れる鍵だと考えています。大亜創投が国発基金と共に投資した数位宅粧(iStaging)は、永慶不動産グループと長期提携を展開し、最新の複合現実(MR)技術を運用して、消費者に全く新しいスマート生活体験をもたらします。
       大亜創投は長期的に台湾電子産業の発展に注目しており、現在、多くのベンチャーキャピタル業者がAR/VR領域のハード開発、後続のマーケティングに参入しているものの、コスト削減においても、効果向上においても、適切な応用領域との提携がなければ大量にマーケティング予算を投入しても市場では受け入れられないことを発見しました。このため、自社技術を把握し、プラットフォーム運慶概念を具備する数位宅粧を選択し、国発基金と共同投資しました。
       今年2月、サウジアラビアの著名な都市計画会社「IMAR」と提携意向書を締結し、数位宅粧は更に永慶不動産グループから支持を受け、双方は最新複合現実(MR)技術を共同で運用し、ARとVRのメリットをまとめ、消費者に全く新しい「MRスマート生活」体験をもたらします。
        発表会において、MRグラスを介して、販売物件と現実の街の風景がただちにリンクし、周辺生活圈の各関連情報が逐一出現し、現地の生活の雰囲気を十分に感じることができます。永慶不動産グループ・孫慶餘代表取締役会長は次のように話しています。「永慶為は消費者が最良の決定をできるよう、「MRスマート生活」サービスを提供し、消費者が家にいながらそこに身を置いているように感じていただくことができます。」。
       iStaging李鐘彬総経理は次のように話しています。「MR技術をAR、VRの総合アプリケーションに結合し、バーチャルと現実世界でのより高度な結合でバーチャルと現実を共存させ、更にタイムリーなインタラクティブを生み出し、一種の疑似使用体験を創造します。永慶との提携により、世界のMRの革新的運用の模範となることを確信しています。」。

proimages/news/news/2017/2017052602.jpg

大亜創投・沈尚弘代表取締役会長(前列右2)と李鐘彬総経理(前列中)、永慶不動産グループ・孫慶餘代表取締役会長が共同で発表会に出席。