Share To Facebook
2017-10-30

點閱人次 : 433



2017/10/30
       大亜創投が国発基金と共同投資した数位宅粧(iStaging)は、最新の混合現実(MR)技術で、永慶不動産グループが世界初の不動産サービスエリア「i+スマートイノベーション体験館」を打ち立て、消費者に全く新しいスマート生活体験をもたらすよう支援しています。
       永慶は30周年前夜、本グループは特別に信義路四段の創業初期の永慶房屋本店を世界不動産業初のイノベーションサービス体験エリア「i+スマートイノベーション体験館」に変貌させました。26日、永慶不動産グループ孫慶餘代表取締役会長は自ら開幕し、歴史の伝承の意味を含め、そしてこれにより消費者の工程に感謝しました。
       開幕記者会見上で、iStaging・李鐘彬総経理は自らゲストに「i+スマートイノベーション体験館」を説明しました。「i+スマート-スマート生活」は最新の混合現実(MR)技術により、消費者はMRグラスをかければ、信義く3D立体図が目の前に広がり、家屋購入前にまず周辺生活圈を体験する事ができます。「i+スマート-お家購入ツアー」ではVRグラスにより、消費者は購入ニーズをサーチし、物件をサーチし、部屋を見て、その後にニーズを調整し、最後に安心して物件を購入することができます。
       李総経理は次のように述べています。「MRグラスがまだ大量に普及する前、消費者は過スマートフォンから生活圈環境を体験することができます。永慶との提携により、世界MRイノベーション運用の手本となれると確信しています。」。
♦  「i+スマートイノベーション体験館」オンライン予約体験https://www.yungching.com.tw/iplus_store
♦  「i+スマートイノベーション体験館」FB公式ファンページ https://www.facebook.com/YC.iplusstore/

proimages/news/news/2017/2017103002.jpg