Share To Facebook
2018-06-21

點閱人次 : 631



2018/06/20
proimages/news/coverage/2018/2018062104.jpg
▲大亜ワイヤー・ケーブル美しい家基金会は中華民国電機技師公会と手を組み、2017年第4半期、「古屋電力安全検査」活動を実施。每周2軒検査で、今日までに60軒以上の家屋を検査。(写真/記者・許家禎撮影、2018.6.15)
        電器や電線設備が起因となる火災を鑑みて、大亜ワイヤー・ケーブル美しい家基金会は本業への理解と企業の社会的責任の実施に基づき、中華民国電機技師公会は昨年(2017年)第4半期から、「古屋電力安全検査」活動を開始しました。毎週2軒を検査し、今日までに60軒以上の家屋を検査しています。專業電機技師は、検査過程において、人々は普遍的に電力知識が不足しており、委託していなければ、自ら危険に陥り、且つそれを知らないでいる、と話しました。今回の古屋検査は完全に無料であるものの、非常に全面的な電力検査と知識が得られ、とても貴重な機会となっています。
        大亜ワイヤー・ケーブル美しい家基金会は、家の電力は見えず、触れないため、よく忘れられたり、間違った電力使用により突発事故が起こっている、と話しています。特に築30年以上の古屋は長年の修繕により全体検査が必要です。実際、民衆は全体を理解したいと思っていても、市場にはこのようなサービスは皆無であり、このため、基金会は電力配電の専門家である中華民国電機技師組合と提携し、家屋に電力設備安全検査、配電盤状況検査、電力設備外殼漏電検査、ケーブル是遅延検査の全面的な専業的保守を提供しました。電機技師組合・黄一峻技師は、古屋検査の加入、実際の家屋接触後、多くの民衆は間違った電力知識をもっていることを知りました。よく見られるのが整理に便利で美観のために電線をまとめ、しかし電線が曲がったところに容易に熱が集まり燃えてしまったり、地上においたソケットを掃いたり、足で蹴って落としたりして、ソケットの頭が露出し、金属接触面が小さくなり、容易に危険な蓄熱状況は合せ異します。また電器鍋ソケット上下は反対に差し込んではならず、間違えた場合、漏電の危険があります。
proimages/news/coverage/2018/2018062105.jpg'
▲電機技師組合・黄一峻技師は、多くの民衆は間違った電力知識をもっていることを知りました。よく見られるのが整理に便利で美観のために電線をまとめ、しかし電線が曲がったところに容易に熱が集まり燃えてしまうという事態である、と話しています。(写真/記者・許家禎撮影、2018.6.15)       
        黄一峻指技師は、家でよく電器が跳び、「仮で」DIYにより電線を交換し、自ら接続したり、ライセンスのない水道・電気技師を呼び、結果、より危険となっており、時には家主に代わって冷や汗をかいている、と話しています。全体的に、人々は電力知識不足で、更に委託せず、自ら危険になっているのに知らない状況にあります。
        且つ今回の古屋検査プロジェクトでは、専業電機技師の電力、配電の外観検査に加え、専業計器で「見えない電力」に各種検査を行っています。最も難しいことは、正確な電力知識の伝達で、各家庭で異なる配電状況を逐一説明しています。現在、持ち家でサービスを見つからない民衆は、この機会を是非、活用ください。また30年以上の古屋の申請を歓迎します。
proimages/news/coverage/2018/2018062106.jpg
▲古屋電力検査プロジェクトは、専業電機技師の電力、配電の外観検査に加え、専業計器で各種検査を行い、正確な電力知識を伝達。(写真/記者・許家禎撮影、2018.6.15)
       基金会は、古屋検査は完全に無料で、技師組合の提携は基金会の賛助であり、民衆の負担はないことを再度強調しています。現在、多くの屋主が「吉報」を口伝えで拡めており、このため、台北・新北・基隆から桃園地区へのサービスを、今後は台中、台南、南部などで展開します。且つ電力検査フローも、電機技師組合と中南部へ伝承し、検査フローを標準化し、台湾全土の民衆が古屋検査サービスを享受し、共に電力安全を保守することが期待されています。

ニュースリソース