Share To Facebook
2020-05-21

點閱人次 : 114

2020/05/21



       台湾初の地面型太陽光発電所が1000億の太陽光発電の商機を掴むための土地名目変更の認可を受ける 
大手銀行5行が32億元を貸し出し、グリーンエネルギー産業を後押し

proimages/news/news/2020/2020052101.jpg


       景気後退の中でも、大亜グループはエネルギー産業の発展に向けて邁進し続けています。グリーンエネルギー産業は台湾の次のTSMCと言うことができ、政府は将来の太陽光発電の生産額は数千億に達し 、巨大な経済規模を生み出すと予測しています。そのため、大亜グループはグリーンエネルギーの商機の動向を前向きに考えており、台南学甲に太陽光発電所を積極的に建設し、永豊銀行、凱基銀行、華南銀行、国際票券社、彰化銀行と協力して、大亜グループの子会社である心忠電業が32億元のシンジケートローンを獲得し、グリーンエネルギーとグリーン電力の商機を掴み、再生可能エネルギーの発展政策を更に支援しています。

再生可能エネルギー産業の先行きが明るい大亜は、早い段階からグリーン経済のピークに向けて準備
       近年、地球温暖化が深刻化する中、各国で省エネや炭素削減が持続可能な開発の焦点となっており、台湾政府もエネルギー変換を強力に推進しています。一方、再生可能エネルギーには様々な種類があり、総合的に 建設コストを考えると太陽光発電システムの発展は 現在の我が国の再生可能エネルギーの主な方向性となっています。政府は、2025年までに20GWの太陽光発電設備を設置するという目標を掲げ、グリーン電力の生産を鼓舞するだけでなく、内需拡大と太陽光発電産業チェーンの発展を後押ししています。大亜グループはこの商機の動向を以前から前向きにとらえており、長年グリーンエネルギーに取り組んできただけでなく、台湾全土で実行可能な太陽光発電用地を積極的に探し続けており、今後3年間で150MWの太陽光発電所を建設することを目標としています。
       現在、大亜グループ傘下には、29カ所の売電収益を得ている太陽光発電所(総設置容量31MW)があり、2020年2月末時点で累計発電量は約9,000万kWhに達しています。大亜グループの子会社である心忠電業社もまた、グリーンエネルギーへの取り組みを進めており、台湾にクリーンエネルギーを豊富に供給するためにも、台湾全土にいても日照時間がトップクラスの台南を選択し、学甲太陽光発電所の開発に積極的に取り組んでいます。

台湾初の政府認可の土地名目変更地面型太陽光発電所、金融業界の積極的な参加で24億の収益が見込まれる
       台南学甲佳太陽光発電所は、台湾で初めて、民間の私有地が政府の許可審査 を経て、土地の名目を特定目的の事業用地準備の地面型太陽光発電所に変更されたケースであり、更に、同発電所が完成すれば、今後20年間で少なくとも18億キロワットの発電量が見込まれ、実際の収益は24億元に達し、生産能力が業界の記録を塗り替えると期待されています。
       台南学甲太陽光発電所の順調な建設のため、大亜グループは、グリーン金融サービスに詳しい永豊銀行と協力して、大亜グループの心忠電業に32億台湾元のシンジケートローンを実施、資金全額は当地への設置に使用されます。今回の提携は、永豊の今年(2020年)に入ってから初めて主催するグリーンエネルギーシンジケートローンであるだけでなく、永豊の企業ビジョンである「金融により、より良い生活をもたらす」の実現に向けた意義ある一歩となりました。また本シンジケートローンには、凱基銀行、華南銀行、国際票券社、彰化銀行などの金融機関も共同で積極的に参加し、最終的には1.53倍の申し込み超過となり、銀行チームの大亜グループ経営への肯定を十分に示し、更にグリーンエネルギー産業の発展のために与えられた重要性と支援を反映しました。産業の力を期待し、年内に2.2GW(百万キロワット)を追加するという政策目標を業界が手を携えて支援し、持続可能な家へと邁進することが期待されます。

大亜はグリーンエネルギーの安定の力になることを誓い、持続可能な運営の美しい家を創造
       太陽光発電所の設置は、従来の発電による地球への悪影響を軽減できるだけではありません。大亜グループは、高品質な製品と効果的な設計・施工などにより、生産・伝送・貯蔵・変換までのエネルギーチェーンにおけるリーディングブランドを目指しています。2020年までに、大亜傘下の全発電所が年間84,000万kWhの電力を発電することが予定されており、これは大安森林公園216個分の炭素吸収量に相当します。省エネと炭素削減の健康的な環境を創出することで、台湾の人々に美しい生活をもたらすことが期待されます。このような緊迫した不安な時代にもかかわらず、大亜グループは、美しい家のために自身の役割を果たすだけでなく、景気低迷の中で希望をもたらし、人々が躊躇している時には温かい安定の力となり、台湾の人々と共に前に進んでいきたいと考えています。。