Share To Facebook
2017-04-07

點閱人次 : 378



2017/04/05
       大亜(ベトナム)ワイヤー・ケーブル股份公司は、2016年ベトナム国家品質賞金賞を受賞し、外資ワイヤー・ケーブル業で初の本賞受賞メーカーとなりました。授賞式は4月2日午前、ハノイ市国防部大会場で開催され、ハイズオン工場・徐敬堯副総経理が代表して受賞しました。

proimages/news/news/2017/2017040502.jpg

       国家品質賞はベトナム政府が非常に重視しており、ベトナムで最高の賞です。ライバルは多く、選出基準も高くなっています。選抜に参加する企業は、まず各省の品質賞で金賞を獲得します。国家品質賞は製造業とサービス業の2大分類があり、更に大型企業と中小企業に分かれます。

       ベトナム科学工芸部・周玉英部長、太平省・阮鴻延主席兼副祕書長などが共同で今回の授賞式に出席しました。徐副総経理は次のように語りました。「2013年、大亜(ベトナム)は初めて国家品質賞金賞を受賞しました。今回再び受賞し、全ての社員が「卓越追及、共存共栄、真実求心、革新変化」の計営理念を発揮し、共同で大亜(ベトナム)を社員、顧客、株主、社会から信頼される企業となるよう勤しんででいることを示してます。」

       大亜(ベトナム)は大亜グループの海外子会社であり、1994年、ベトナム・ドンナイに工場を設置し、2003年、ハイズオン工場を設置しました。2006年、ベトナムで上場し、現地初の100%外資上場企業となりました。20年以上、ベトナムの経済発展と共に製品範囲も拡大しています。中/低圧ケーブル、エナメル線など、始終高品質を維持しながら、企業公民としての責任を果たし、RoHS要求に合致する材料を採用し、無鉛(LF)ケーブルを送り出しています。この他にも、每年、奨学金を近隣コミュニティに提供し、企業の社会的責任を果たしています。

       政府は新南下政策を提唱しており、大亜グループはベトナムを生産基地とし、最高品質の製品を提供し、積極的にミャンマー、ラオスなどASEAN国家市場を開発していきます。

proimages/news/news/2017/2017040501.jpg